読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メカニカル-メモリアル~めかめもっ!~

東京工業大学.rogy.ROBO-ONE,メカトロ技術系ブログ

第15回ROBO-ONE Conferenceに参加してきました

www.robo-one.com

 行ってきました! 楽しかったです!

 ……自分は学生無料での参加な訳ですが,一般参加者は1,000円の参加費がかかっているので,あまり内容に言及するのはいけないのかなあ,と考えると何も書けないのです. いずれ話された内容を実践して,自分の血と肉になったら書こうかな.

 感想を言うと,MATLAB最高! Pythonしたい! 機体作りなしてえ! ROS!ROS!ROS!

 ……製作欲をかぎたてさせる内容でしたが,とりあえず次回大会までに通信だけなんとかする時間を確保しないと.

Fusion 360の不都合な点

序論

お久しぶりです.3日坊主と言います.いやあ,これはいけない.既に1カ月ぶりの更新ですよ.まあ1カ月なら可愛いもんなのかもね.

別に遊んでいて更新を怠ったのではなく,作業をしていたから更新ができなかったわけですが(モノつくりは趣味なので遊びなのでは),何をしていたかというと謎のメカを作っていたわけです.謎のメカについてはまた別の記事で.

今回いつもより設計に手間取った理由として,Fusion 360を使っていた点があります.今まで自分が使ってきたCADはAutodesk Inventor,SolidWorks,あとちょっとだけCreo Parametricくらいで,Fusion 360は以前インストールして以来使っていなかったのです.Autodesk社イチオシのソフトですし,せっかくだからここで慣れておくのも悪くないかな? ということでこれで設計しました.

使っていると,様々ないい点があります.gitライク(もしかするとgitそのもの?)なバージョン管理,一部よくなったインターフェース,アセンブリの順序の明確化など…….一方で不便になった点や未解決な点も多くありました.今回の記事は,現時点で不都合な点を羅列しておいて,いつか解決したときにそのリンクでも貼る,そういうものの試験として書いています.試験だから途中で飽きてもいいよね?

以下本題

死ぬほど重い

グラフィックカードがあるといいよみたいな話を信頼できる友達から聞きました.検証とかしている人もいるみたいです. Autodeskの「Fusion 360」を快適に動かすためのPC仕様を探る | パソコン工房【公式通販】 自分の環境だとInventorの方が5倍くらい早いです.

asmファイル内で拘束が再表示されてしまう

fusion 360では,asmデータにおいて 適切なジョイントのみが表示されている図 のように,各ジョイントを左の豆電球をクリックすることで表示非表示できます(デフォルトは表示).また,表示されているジョイントをダブルクリックすることでその値を変更することができます(できない場合はエラーではなく無視される).モーションスタディするとき不必要な表示を消すことでスムーズな作業ができるわけです.しかし,このasmデータ(以下小asm)を更に別のasmデータ(以下大asm)に挿入すると 全てのジョイントが表示されてしまっている 全てのジョイントが表示されてしまっています.

現時点での解決方法

大asm内で逐一ジョイントの表示を編集する.asmデータを入れ子にしない.

小asmの更新で大asmが崩壊する

(2敗) 最初にあったように,Fusion 360はバージョン管理が強いです.しかしバージョンを弄ることはオススメしなません.あまり再現性がないのですが,小asmを弄ると大asmがエラーを吐きまくります.エラーを見るとパーツの初期座標が変わったのなんの.ジョイントの表示非表示の変更だけでもこの状況になったので,今のところは何もわからないです.

とりあえず

これだけ.何よりも更新する事実が大事なのです.

USBCNC V4で過去に使った.ncデータを再利用する方法

f:id:amoto3333:20170306214331j:plain 画像の下部F2のLOADボタンを押せばいけます.

ついでに,USBCNCの操作画面における下部のボタンは主に自動切削操作メニューとメインメニューがありますが,それぞれリターンっぽいボタンとAUTOボタンを押せば行き来できます.切削中にAUTOボタンを押しても何の問題も無いですな.

STM32F4discoveryのCoIDEによる環境構築

 当ブログを立ち上げるにあたりとりあえず書こうと思っていた記事です(でした).

導入

 CoIDEとはいい感じの統合開発環境(IDE)です.Eclipseライクで,フリーで,機能に制限がない.今までROBO-ONE Lightのプログラムは全てこれで書いてきました.ただその時参考にしていたページがチカラの技術というサイトで,今はリンクが切れていてそのままだと勝手がよくない.
 じゃあリンク調べなおしてまとめておけば需要あるやん? っていうのがブログの生い立ち.

既にある

 ホクホクしながらST-Link Utilityとか調べていたら見つかりました,先駆者の数々.その一例をペタリ. yuki-sato.com リンク先生存確認済み(2017年3月)(先生ではない)

というわけでした

 そりゃCoIDE結構便利ですもの.日本人ユーザーだってそこそこいますよ…….数年前と環境が変わったのか,あるいは数年前自分がググらなかっただけなのか…….ああ悲しや(でも備忘録なので記事にはする). このブログの運命やいかに.

はてなブログの画像にalt属性を付ける

 はてなブログを選んだ理由にMarkdown形式が使えるというのがあったのですが,さっそく躓きました.画像のtitleがぐちゃぐちゃでalt属性を付けられないんですね.険しい.解決方法を調べたらすぐ出てきたのでリンクを張ります.
staff.hatenablog.com  結局は非常にシンプルで埋め込み画像の[f:hoge:id:fuga:….]の最後に[:title=piyo:alt=foo]とすればいい,割と単純な話でした.
 ただこういうブログサービスのみで記録を残そうとすると画像周りは酷いことになってしまいそう.いやー,参った参った…….

P.S.ていうかこれ1週間くらい前に実装された機能なんですね.そりゃ皆変な対応策を考えるわけだ.いやいや,改善されるサービスはいいサービスですよ.

自己紹介

所属

東京工業大学2014年度入学機械宇宙学科
ロボット技術研究会 たのしいロボット帝国2代目国王,ROBO-ONE研代表 Futaba賞の賞状の写真 ロボットの写真.機体名はイカ海豚

実績

第14回ROBO-ONE Light 2回戦敗退(Futaba賞) -イカ海豚

ブログの概要

 こんにちは,たくあんと言います.
 これはよくある大学生のメカトロ技術系ブログを目指しています.つまり,備忘録と就活目的.
ブログ内容は自分が今まで躓いてきたことの解決方法やら作品を載せていきたいな,と.解決方法といっても自分がググって解決したことをまるで自分の功績がごとく語るわけで,傲慢な気もしますが.
 それと今はとりあえずはてなブログを利用していますが不満が大きければ移行するかもしれません.Jekyllとか.ただブログを作ることが目的なのではなく記事にまとめ上げることが重要だと思っているので,ランニングコストが低ければなんでもいいのです.